榎屋相談薬舗株式会社

GREETING

代表挨拶

今と昔のあらゆる知恵を自分に合わせて選べる医療へ。

超高齢化社会が進む現代において、症状が発生してから施す対症療法と、予防領域でもある根本療法とをあわせた統合医療の推進が期待されております。医師や専門家の方からご指導をいただきながら、当社も統合医療の普及を支援してまいりました。自然治癒力を引き出す漢方薬を中心に現代治療薬やサプリメントなど、薬の垣根を越えた知識の追求。さらに食事療法や生活指導なども取り入れて複合的なケアを行っております。お客さまに健康と笑顔をもたらすべく当社はこれからも真摯な姿勢で事業に取り組んでまいります。今後ともご支援、ご指導をお願い申し上げます。
 
 
榎屋相談薬舗株式会社 代表取締役      

中尾 典義

PROFILE

会社概要
商号

榎屋相談薬舗株式会社

事業内容

薬局、薬舗、訪問看護ステーションの経営。インターネット等を通じての通信販売、広告業務、講師活動。

創業

明治40年

資本金

340万円

所在地

本社:福岡県行橋市行事4-19-7

北九州事務所:福岡県北九州市小倉北区室町2-11-19 有豊ビル2F

訪問看護ステーション:福岡県行橋市行事4-19-7

代表取締役社長

中尾 典義

取締役

藤原 妃呂

従業員数

28名(2017年現在)

PHILOSOPHY

企業理念

 

初代が遺した一世紀の思い
「應病施薬臨機応変」

臨機応変に病に応じて薬を施す。 この言葉はお釈迦様の言葉です。 人々の心の病に応じて相応しい説法をなさりました。
 
私ども医療人は常に患者さまの状況を把握し 最適な薬を施すことが重要であると考えています。 明治40年の創業から私たちが大切に 守り続けてきた理念です。
 
  •  

    多角的な分析をする

    「應病」

  •  

    心をもって薬を処方する

    「施薬」

  •  

    生活習慣や状況に柔軟に対応

    「臨機応変」

 
様々な病気の患者さんの痛みや疲労が取れ 体調が改善し現在飲んでいる医薬品類が減っていき 普段と変わらない日常生活が遅れるようになり 家族ともども笑顔があふれる世の中にしていくような 製品を開発していきます。

 

HISTORY

沿革
1907年

初代:江原英一が福岡県行橋市で最初の薬局である榎屋薬舗を創業。

1925年

中尾昌輔が二代目を継ぎ、エノキヤ薬局に名前を変更。

1940年

二代目が陸軍薬剤官として出征し戦死。その妻、中尾クニが薬局を継ぐ。

1968年

中尾孝江がエノキヤ薬局の三代目となり漢方相談薬局となる。

1995年

中尾典義が四代目を継ぐ。行橋市行事にエノキヤ薬局行事店を開局。

2001年

漢方相談のWebサイト「相談堂」を立上げ、全国からの問合せに対応

2006年

北九州市小倉北区にWebからの相談に特化した事務所「相談堂」を開設。

2013年

株式会社化し、社名を榎屋相談薬舗株式会社に変更。

2014年

榎屋訪問看護ステーション開設。

ACCESS

アクセス

榎屋相談薬舗株式会社

福岡県行橋市行事4-19-7 
榎屋相談薬舗

電車でお越しの方へ
JR行橋駅 東口  徒歩18分

行橋駅に着きましたら、お電話ください。
お迎えにあがります。